2014年01月27日

イズモツーリング。

2013年10月09日


ツーリングに行って来ました。

今年は何故か雨男っぷりがハンパなく
全然バイクに乗れてないっ!

で、ウズウズするので
ツーリングを強行!!



今年の3月に開通された中国横断自動車道(三次東~三刀屋 区間無料)。

お客様との会話によく上がるけど
通ったコトが無い僕。。

散髪屋としてこれはイカン!と
この新しい高速道路を使って
目的地は出雲に決定。



遠くもないし、
急ぐ旅でもあるまいし、
ゆっくりな出発で良いんじゃけど、
メンバーに伝えた集合時間はAM8:00。

で、
案の定メンバーの相次ぐ遅刻、、
僕のお腹が缶コーヒーでチャプチャプになった頃のAM9:00に出発。

全て僕の思惑通り…
コイツら見事に手の中で踊ってくれます。。
(*´д`*)=3 ゲプゥ‥


37号線白木街道を北上し
54号線に入り三次を横目に通過
39号線から山あい川沿いの道を楽しんだら
口和よりお目当ての中国横断自動車道に入ります。

前評判はあまり良くなかった この道路。
ハードルが下がっていたせいか
テンションのお陰か、
そんなに不満も無く
松江の手前まで一気にひとっ飛び!

思ったより流れも速かったので
一車線高速でも気にならんかったし
新しいので道路もキレイ!!
ま、確かに山の谷間を走るので
ツーリングで考えると景色が…
じゃけど この“早さ楽さ”は
良いと思ったけど、、



無料区間内最終地
三刀屋でキッチリ高速降りて
川に沿った長い土手道26号線から
出雲市へ入ります。

道路脇にある温度計が30℃を越えてます!
僕、、革ジャン着てます。。
(;´д`)10ガツジャン‥


出雲市内を貫通して日御碕。

ここに来ると頭の中に
火曜サスペンス劇場のメロディーが流れるのは僕だけ?
(丿 ̄ο ̄)丿ティキティッ‥ティリ~♪


出雲大社で御参り。

今年、話題の出雲大社。
凄い人です。


帰路途中、道の駅 たかの。
不思議な建物を発見!!

??



扉の向こうは極寒の世界!

1℃て…

年中、雪を体感して貰えるように
冬、地元に降った雪を室内に保管。
見事に残っておりました。

とはいえ、さすがにかなり溶けて
中から枯れ葉が覗いてます。。



ここ、高野町はメンバー ケンゴの地元。
雪を体感して寒くなったので温かいコーヒーをご馳走してもらう為
近くに立ち寄ったので
大人として当然の
日頃のご挨拶をさせてもらいます。
気さくなご家族との温かい談笑している内に
すっかり日も落ちます。


山の夜は暗くて怖いので
ここからは休憩無しの一直線で帰宅!

家に着いたらPM9:00。


総距離350kmのOneDayツーリング。

身も心も満喫して参りました。



ちょっとずつ経験値を重ね、
いつか、お客様達と実現したい
“b.h.t”(bloom hair touring)

お誘い、お待ちしております。  
  • LINEで送る


Posted by SAM at 13:50Comments(0)Bike

2014年01月24日

餅は餅屋。

2013年06月20日


セッセ セッセとお仕事させてもらっていると
黒猫さんからお手紙(郵便物)着いた。

手が空き、中身を確認してみると


先日、愛車・スポーツスターの車検を
お願いしたモミスピさんから
モミスピオレンジがイカした
車検証入れのプレゼント♪

普段は目にするコトのない車検証入れ。
今までのビニール袋で
気にもしたコトなかったけど、
こうなると もうダメで
“見えないオサレ”を楽しんでおります♪
ありがとうございました(人´ω`)





さてさて、、、たまに
『車検なんて自分で通せば安いじゃん!』
なんて耳にするけど、、、



ホンマに?

プロに愛車をネットリジックリ見てもらえる
機会なんて車検時以外にそうそう無いじゃろ!?


少々腕に覚えがあったとしても
(僕には無いが)
プロの目や腕、知識と経験に比べたら
そんなもん知れとるじゃろ!?
(今回、プラグコードがダメじゃった…
勿論、自分で気付くハズもなく…)


『安い』『高い』は、その時
“支出した金額”じゃないと思う。

受けた技術やサービス(etc … )に
どれ位 自分が満足して対価を払ったのか。

クソ不味いラーメンが500円なら『高い』けど
ぶち美味いラーメンが1000円じゃったら『安い』じゃろ!?


素人がとりあえず通した車検と
プロがきちんと通した車検。

天秤に掛けるまでもないじゃろ?


やっぱり、餅は餅屋よっ!!!
美味いめし食いたきゃぁ
プロの“めし屋さん”に行くんよ!
髪が伸びたらbloom hair…(野心失礼)
プロの“散髪屋さん”に行くんよ!


その道 その道のプロに接っしたら
快適なバイクLIFE だったり
幸せ が味わえる食事だったり
快適&楽しい時間と、
かっちょええ髪型だったり
etc …


“至福”が待っとるんじゃけぇ!!!


偽物の『安い』に踊らされたら
いけんよっ!
( ̄^ ̄) チョットマトメキレズ…  
  • LINEで送る


Posted by SAM at 19:21Comments(0)Bike

2014年01月24日

雑誌。

2012年12月30日



先日、発売されたバイク雑誌。

ロードライダーに
参加させて頂いた時のField Dayの記事が掲載されている情報を入手したので、
仕事帰りに閉店間際の
フタバ図書に滑り込む。

家に帰って、
上着も脱がずに中身をcheck!



(o゜▽゜)ゝオォ!
愛娘と愛姪が可愛さ
3割増しで載っている!!!

ウォーリーを探せ風に
長男まで載っとるしっ!



愛娘ヾ(o´∀`o)ノワーイ
「父ちゃんは?」

僕(「゚ー゚)ウーン
「父ちゃんは載ってないっポイのぉ…」







…φ(.. )









僕Σ(゜□゜)アッ!
「父ちゃんも載っとるでっ!ホラッ!!」

愛娘ヽ( ´¬`)ノ イッショジャネー
「どこどこ?」



リアタイヤをズバッと流す!
54番の選手









・・・








…の、後の赤い人!!!

コレ、僕。。。



ん?
何?
この絶妙な隠れ方、どーよ!?

いやいや…
むしろ、オイシイし、、、

今、bloom hairの待ち合いに置いてますけど
鉄板でウケるからねっ!!!


あー…
悔しくないっ。

◯0o。(ー。ー)y―~~  
  • LINEで送る


Posted by SAM at 00:15Comments(0)Bike

2014年01月23日

Field Day~2012.11/4~

2012年11月07日




広島で開催される、
旧き良きオートバイで楽しむフラットトラックレースイベント


スリルとスピード、笑顔の一日
Field Day

参加させて頂きました。

まさに“運動会”前日
仕事を終えて、準備して、ワクワクして
睡眠時間3時間…

一緒にエントリーしている
愛娘(9)と愛姪(9)を叩き起こして
車に投げ込み
朝もやの中、出発です。


バイクイベントに
気兼ねなく子供が連れて行けるのは、
実行委員会また他の参加者の方々の
有り難い後押し・協力・心遣い
あってのコトです。
多謝。

そして、この場をお借りして、
西風競走団の皆様
『“自分も走って子供達の世話も”って大変じゃろ?
ウチと一緒にテント張りんちゃい。
そしたら、皆で子供達が見れるし』
の御言葉と心遣い、ホントにありがとうございました。
(T-T)デ、デカイ…




“もし、準備等のお手伝いができたら…”と
早めの段取りをしたつもりでしたが、
見積りが甘く、お手伝いどころか
自分達の準備でいっぱいいっぱい…
何も役に立てず終い。

走る前から次回への課題を突きつけられます。


開会式を終えて
皆でラジオ体操をします。

到着時に1℃だった気温で冷えた身体を
暖めます。

怪我はしたくないので、
結構 、本気でラジオ体操します。

結構、本気のラジオ体操で
怪我しそうになる
この身体。。



今回は(初参戦じゃけど)
エントリー数が多いので
練習時間を短縮し、
午前中から第一ヒートがスタートです。

関東・関西・九州 等から遠路遥々来られた一流選手の方々
また、それを迎え撃つ
熱き広島フラットトラックレーサーの方々による
お金を払ってでもみたい名勝負!!



から、


ホッコリ平和な子供達による
おこづかいをあげたくなるような
キッズレース


まで、午前中から盛り上がります!



昼休憩は
旨いcurry食って、
キレイなオネエタマ方の
素敵なフラダンス♪




最後は『バイクレスリレー』

つまり、リレーです。
選手からスタッフからギャラリーまで
全員参加型リレー!!

終始 盛り上がり続けるのが
Field Dayの笑顔の一日。






ワタクシはと言いますと。。。

このField Day 。

一日に一人四戦 走るんですが、
各レースどれでも、
一位になるコトができたら
チェッカーフラッグを持って
コースを一周させてもらえます。

その時は会場全体が、
ギャラリー・エントリー選手・対戦選手の、祝福の温かい拍手に包まれる素敵な時間。


僕の今回の目標は
“一度はフラッグを振ってみたい!!!”

夢はデッカくです!


頑張りました。



ホント頑張りました。



息は切れるし、汗はダラダラ、身体プルプルで
頑張りました。





夢、叶いましたぁ♪

ε=¶ヾ(o´∀`o)ノアリガトウゴザイマス




何故、
僕がチェッカーフラッグを振れたか?
って?

それは、この日の為に
“スペシャルカスタム”を
施していたから♪








見たい?







知りたい?








お見せしましょう!!!









自慢の工作黒板サイドカバーに愛娘(9)と愛姪(9)に書かせた
【追越禁止】の文字!!!


入場ゲートで待ってる時、
対戦者の方に

*´∀`)ノ ヨロシクオネガイシマス
『宜しくお願いします。
いやー娘達が書いたんですよぉ♪』

と、アピールしておきます。


僕を抜き去る時は
愛娘&愛姪の悲しい顔が
頭をよぎるコトでしょう。
( ̄ー ̄)フフフ





このイベントに参加して感じたコト。

レースイベントじゃけど、
“勝つ”ことや、
まして“相手を負かす”ことが重きじゃない精神に溢れている。
それが殺伐としてない
温かい雰囲気を創りあげている。

そんな雰囲気の中に在る
レースとしての完成度
イベントとしての楽しさ
オートバイの面白さ
人の温かさ
を感じました。

このイベントに巡り合わせさせて頂いた皆々様に感謝です。
┏○)) アザ──ス!

来年の目標はズバリ『フル出場!!!』




~最後に~
初参加(言い訳!!)の手探り状態で
参加させて貰い
改めて子連れの大変さ(今更!?)
イベントのお役に立てない力不足
(期待してない!?)
甘え上手の床上手
(床は関係ないから!
下ネタじゃなく自立しろよ…)
次回への課題はてんこ盛り。

走りの課題は溢れてる。。。  
  • LINEで送る


Posted by SAM at 17:45Comments(0)Bike

2014年01月22日

ライダー。

2012年06月29日



ある青年が言いました。

「バイクって気持ち良さそうですよね!
“凄くカッコいい!”って思うし
凄い好きなんですけど
僕、全然詳しくなくって…」







…?

バイクに乗るのに
他にナニかいるのかい?

そもそも何でこんな解釈が
生まれたのだろう??



確かに、極たま~に‥

『そんな事も解らん奴が
バイクに乗るなっ!!』

とか
恥ずかしげも無く言ってる輩は
いるけど、
“えっ!?何様なん?”と
ただ、ただ首を傾げるばかりです。

“万物の理”でも極めた とでも思ってるのでしょうか!?



青年よ
心配するな!
オッチャンも全然解らん!!!

そんな可哀想な“知ったげ”の言葉なんか笑い飛ばしとけ!
世の中、“わかってる大人”は必ずいる。

オッチャンもそんな大人達に恵まれて
BIKE LIFEを楽しんでいるゾ。
(して貰ってばかりだが…)






世の中には二種類の人間がいる。

“バイクに乗る人間”と
“バイクに乗らない人間”だ!


オッチャン思うに
君はバイクに乗るべき人間だと思うぞ。









だって…






『バイクが好き』って言える君は
既に“RIDER”なのだから。。  
  • LINEで送る


Posted by SAM at 14:32Comments(0)Bike

2014年01月22日

オートバイ。

2012年05月12日


気付けば僕もライダー歴
もう少しで20年。
人生の半分以上をバイクに乗っている。


バイクに乗っているとよく聞かれるのが
「バイクって何がそんなに良いの?」
という質問。



う~ん…
難しい質問。。


答えが難しいのじゃなくて、
言葉にして伝えるのが難しい。


ライダーならわかると思うけど
バイクに興味が無い人に
納得してもらえる言葉が見つからない。。

コレって感じるモノと言いますか…
“フィーリング”なんですよね!?



で、コレも答えになってない。
(ノД`)




難しいのでハードルを下げましょう!

“バイクの良さ”じゃなく
“バイクとは‥”にしましょう!

コレも賛否両論あると思いますが、
僕は よく比較される
車との違いで話します。
(車否定じゃないので
車好きの方は勘違いされないように!…ってか僕は車も好きじゃし!!)






例えば、スゴく良い道(景色?)を通過中、

車ですと、空調管理された空間で
コーヒーでも飲みながら
窓枠に写る名画(写真)を見ている感じ。

な所が

バイクですと、
その絵の中に
飛び込んでいる感覚なわけですよ!


気温・風・香り 等々、
皮膚感覚と言いますか
“体験”できるわけです!!

コレはエアコン完備の車では
味わえない感覚じゃないでしょうか!?



勿論、車に比べると
条件は過酷と言わざるえないでしょうが
ソコに“良さ”を感じるのが
ライダーなんでしょうね!?


損か得かと言われたら、
損なのかもしれませんが…
それでもソコには確かに、
“良さ”があるのです。  
  • LINEで送る


Posted by SAM at 14:19Comments(0)Bike

2014年01月21日

防寒着。

2012年04月15日



通勤時
スクーターで信号待ちしている時、
同じくスクーターで信号待ちしている
若い女の子 に何気に目がいく。
(やらしい意味じゃ無いよ)

ミニスカートで
生足出してバイクに乗る女の子を見ると
“おいおい…その格好で
もしコケたら、そのキレイな、
おみ足が傷ついちゃうぞ!”
なんて思ってしまう。



同じく、スクーターで信号待ちしている若い男の子にも目をやる。

薄手のウインドブレイカーに身をつつみ
ペラペラの半ヘルを頭に乗っけて
イヤホンで何やら音楽を聴いている
イカした若い男の子を見ると
”おいおい…せめてボリュームしぼって音感聴けよ!もし、そんなヘルメットでコケたら頭カチ割れるぞ!”
なんて思ってしまう。


“だいたい、二人共、素手じゃないか!?
おじさん(僕)の様に
軍手の上から何時、雨が降ってきても良い様にスキー用グローブ着けて、
ジーンズの上にはオーバーパンツを被せて、
ベロア素材の厚手のジャージ&厚手のダウンジャケットに身をつつみ、
ネックウォーマーで耳を含む顔半分を隠した、
コンビニ強盗スタイルでバイクに…”


…あれ?


なんか、おじさんだけモコモコしてない?
君達、寒く無いの?

そういえば、
僕も昔は薄着でバイク乗ってたなぁ…


年齢と共に増えていく
防寒着
(。-`ω´-)タエレンノジャモン  
  • LINEで送る


Posted by SAM at 23:36Comments(0)Bike

2014年01月17日

格差。

2011年09月12日


ハーレーダビッドソン正規代理店
バルコム広島店

へ行ってきました。


まずは、
サービスのアイスコーヒーを一杯、頂く…



(-.-)y-~ウム
さすが、
ハーレーダビッドソン正規代理店。

美味いっ!!




隣の席に目をやると…


スタッフ(*^o^*)オキャクサマ
「それでしたら、
こちら300チョメチョメ万円となります。
ヘルメットとグローブはサービスさせて頂きます。」

紳士( ̄. ̄)ホホゥ
「サービスまでしてもらって悪いねぇ。」



( ̄ω ̄)300…

反対側の席に目をやると…



スタッフ(*^o^*)…デシタラ
「こちらのカスタムは
20チョメチョメ万円となります。」

ダンディ( ̄ο ̄)ホホゥ
「ついでに○○もしといて下さい。」




(°□°;)20…

車両購入じゃなくて!?




スタッフ(*^o^*)オキャクサマ
「本日はどーいったご用件で?」

僕(-.-;)y-~ウム
「あの…
ドレンボルトのOリングを下さい。」

スタッフ(*^o^*)カシコマリマシタ
「280円になります。」











ちくしょー!!
ε=┏(┳◇┳)┛  
  • LINEで送る


Posted by SAM at 19:11Comments(0)Bike

2014年01月17日

出川哲朗なら。

2011年08月02日


愛するバイク仲間達と
度々、行われる夜会。。

ナイトツーリングの誘いがあり、
夏の夜風を浴びてくる。



今回の目的地は可部の奥にある土師ダム。

夜は
普通に野生の鹿が道路を塞ぐので
安全運転を心がけ、疾走る=з


真っ暗な広い駐車場にポツンとある
外灯の元へバイクを並べ、
缶コーヒーを片手に休憩中。。

フッと足下に目をやると
野性味溢れるクワガタを発見!!







バイク仲間のクマに問いかける…


僕( ̄ω ̄)ホホゥ…
「クマ…
今、もし出川哲朗なら…
どーするかの!?」

クマ(°□°;)ナンスカ?
「そりゃ〜…


えっ!?



イヤッすよ!
絶対、無理ですよ!!」



クマの高校時代の空手部の先輩
ユウタが握り拳を見つめて呟く…



ユウタο(-_-#)ボソッ…
「俺のパンチとクワガタって…
どっちが痛いんかの?」

クマ( ̄□ ̄;)エェッ!?
「そんなぁ…」













その夜、クマは、、、
出川哲朗と大自然の偉大さを体感した。。。  
  • LINEで送る


Posted by SAM at 17:26Comments(0)Bike

2014年01月17日

事故。

2011年04月27日


山口県の北西にある角島大橋。

通行料金無料架橋では、
沖縄県の古宇利大橋(全長1960m)に続いて
日本第二位の長さ(全長1780m)を誇る。

白い砂浜、エメラルドグリーンの海上を駆け抜ける爽快感は言葉で表現するには難しい。





そんな角島大橋を目指し
バイク仲間の

『クマ』
『ケンゴ』
『カネキヨ』

3人の若者がツーリングに
出掛けたらしい。




広島を出発して交通量の少ない山道を、
クマ→ケンゴ→カネキヨの順番で
軽快にバイクを流していく3人
(^O^)(^O^)(^O^)=3ヘイヘーイ


楽しくなった2番手ケンゴが前方のクマに急接近!!
ブレーキを握るもタイヤは虚しくスリップをし転倒…

ソコへ3番手カネキヨが突っ込み転倒。。


ケンゴは肩を脱臼し腕が上がらない!
カネキヨは右手の親指が向いてはいけない方へ指が曲がっている!!

バイクから下りてきたクマが、
その惨事を目の当たりにして、、


クマ(°□°;))エライコッチャー
「大丈夫かっ!?
この辺(山中)は何も無いけぇ、
俺がバイクで近くの民家まで行って
とりあえず何か痛み止の薬でも貰ってくるわ!!
2人とも待っとけよっ!

俺に任せろっっ!!」



友を想う目は凛々しく
内なる熱い魂を胸に
勇ましく駆け出し
勢いよく自分のバイクの
左側から飛び乗るクマ!
ε=ε=┏(`ο)┛オリャー














そして、
クマのバイクは右側に倒れた…





自分のバイクに足を挟まれたクマ。。
(一番軽傷)


クマ(´Д`)ウゥ
「た…助けて…」  
  • LINEで送る


Posted by SAM at 15:34Comments(0)Bike